FAQ

about Ayako Maeda |

about Playing

about Ayako Maeda

いつからフルートを始めたのですか?
きっかけは何ですか?

12歳、小学6年から始めました。
小学校の体育館で行われた音楽観賞会で初めて生のフルートの音を聴き、どうしても吹きたくなりました。
因みに、初めてコンサートホールで生のフルートを聴いたのはパトリック・ガロワ氏の演奏です。

学生時代は、部活動はしていましたか?

はい。小学校では陸上部、中学校では吹奏楽部、高校では美術部でした。

フルートで大学に行こうと決めたのはいつですか? どのように決心するものですか?

高校2年まで美大へ行きたい気持ちもあったので、そのあと、ということになります。一般的には遅い決断だと思います。ただ、フルートは14歳から、ピアノは3歳から毎週レッスンに通っていました。
人それぞれではありますが、まずは自分が専門的に音楽を学ぶために、現時点でどのくらいのレベルなのかを知ることが必要です。今の練習に何が足りないのか、楽器以外に準備しなければならないことがどれだけあるのかを具体的に知り、周りに相談しながら決めていくことだと思います。

学生時代、1日にどのくらい練習していましたか?

中・高校では日によりムラがありました。試験中などは練習しないときもありましたし、目的があるとムキになって練習したり。でも、大学~留学時代は朝・昼・夜と分けながらですが1日8時間くらい。

上手くなるためには、1日何時間くらい練習しなければならないと思いますか?

演奏体力、そして曲に慣れるためという意味での「練習量」は必要だと思いますが、無駄に長い時間吹いても上手くはなりません。やはり質(練習の仕方)が大切です。

学生時代に1番たくさん聴いたCDは?

佐久間由美子先生のアルバム「パリの息吹き」

プロになろうと決めたのはいつですか?

プロになろう、目指そうと思ったことは一度もありません。
練習の中で、イメージする演奏にならないのが悔しく、あきらめるのが嫌で夢中で吹いてきました。その場面ごとに、たくさんの先生方、先輩方から引っ張っていただき後押ししていただき、気がついたら今に繋がってきました。

フルートをやめたいと思ったことはありますか?

「向いていないかも」と思うことはよくありますが、「やめたい」と思ったことはありません。

筋肉質なように見えますが、筋トレやスポーツはしていますか?

スポーツは何もしていません。筋トレもしていません。
長時間ずっと両腕を上げて、勢いよくブレスして一定の圧力で吐き続けていると、勝手にこのようになります。。。体力は必要ですが、見た目の筋肉よりインナーマッスルのほうが演奏には大切だと思います。

フルートの魅力は何だと思いますか?

音色の変化、気品のあるヴィブラート、響きの太さ。
音圧を作るのが難しい楽器ではありますが、歌に近い表現力があると思います。デリケートな表情も幅広く変化させることができ、強いボリュームはなくても、明るく華やかな印象を持ってもらえる楽器です。

ステージで緊張することはないのですか?

緊張します。でも、緊張して吹けなくなるということは今のところありません。「緊張している場合じゃない」と夢中になって吹いています。

緊張してどうしようもない時、何かすることはありますか?

「あ、私、興奮してる♪」と心の中で自分を笑います。

本番中にミスしたことはありますか?

あります。激しく。頻繁に。

演奏中、何を考えていますか?

そこにある音符の気持ちと休符の気持ち。
その空間を響かせること。

ジャズやポップスでのアドリブソロはできますか? 書き譜ですか?

アドリブは出来ません。自分で予め作って書いたものを演奏することはあります。
また、編曲者の書き譜はほぼそのフレーズのままレコーディングでもライブでも演奏するようにしています。事前に書かれたアドリブをどんな風に演奏すれば、即興のように感じてもらえるか、という趣旨があり、そのニーズもあるからです。

ジャズやポップスでは、何か吹き方を変えていますか?

息のスピード、発音、音色も変えています。
オペラのアリアを歌う声、ミュージカルやジャズボーカルの声色が違うように、楽器でも適した音がそれぞれあると思います。

◼ 楽器は何を使っていますか?

YAMAHA884bj (Bijouビジュー)シルバーC管、 Eメカニズム無し

上記の他に、YAMAHA 頭部管Aタイプ(Idealイデアル)シルバー 14kゴールドライザー

 

フルート以外に、何の楽器が好きですか? その理由は何ですか?

ヴァイオリン。声楽。
表現力が豊かだから。

好きな食べ物は?

お肉。

about Playing

本番で演奏するために、体力以外に必要なことは何だと思いますか?

体力の次に気力。気力の次に集中力。

フルートの良い音とはどんな音ですか?

曲の中でその場面に相応しい音が良い音だと思います。役割が丁寧に表れている、バランスの取れている音。常に一定の音色や音量だけでは「良い音」を表すことが難しいです。
どんなに美人でもイケメンでも、ずっと無表情では残念でつまらないのと似ています。

フルートの難しいところは何だと思いますか?

自然で自由自在な、魅力的なヴィブラート。
柔らかい高音とハッキリした低音。

フルートが上手くなるために、練習以外に必要なことは何だと思いますか?

感性を養うこと。楽器の訓練や音楽知識だけでは、魅力的な表現力は育たないような気がします。

Top of page